自分の身の丈にあったモノを


Fotolia_81250413_S

私は趣味でギターをやっているんですが昔、ライブなどはやりませんでしたが遊びで友達とバンドを組んでいました。

倉庫なんかを借りて自分たちがただ楽しく楽器をならしてた感じでホントただの遊びです。その頃にローランドの割と大きめのアンプを買いました。

私自身その頃好きなバンドの影響もありクリーサウンドのディストーションが好きだったのでローランドのアンプを選びました。

これで思う存分楽しもうと思っていたのですが、そのアンプを買って以来皆との予定があまり合わなくなりました。

まぁ別にプロを目指すとかじゃなかったんでこんな日が来るだろうと思っていたんですが、まさかアンプを買った矢先にこんなことになるとは思いませんでした。

このアンプは部屋で使うには大きすぎて少しつまみをまわすだけでもかなりの爆音になってしまうのです。

なもんで私自身このアンプのポテンシャルを存分に発揮してあげることは出来ませんでした。

それからだいぶ経ち、このままこのアンプをここで腐らせてしまうのはもったいないと思ってました。

だからがっちりバンドでライブなんかをやってる弟にこのアンプを託すことにしたのです。

弟の担当もギターなので彼ならこのアンプのポテンシャルを思う存分引き出してくれることでしょう。

今はちょっと音の好みも変わりマーシャルの10wの小っちゃなアンプにエフェクターなどは使わずに直でつないで弾いてます。

部屋で楽しむだけならこれくらいの大きさのやつの方がアンプ自体の良さも出て楽しむことが出来ます。

やっぱなんでもそうですが用途や目的にあったモノを使わないと宝の持ち腐れにもなるし無駄ですよね。

まぁあの当時は大き目のアンプに憧れもあったしあの時ならではの見栄もあったのは否定はしませんが、身の丈にあったモノの方が結果自分にはしっくりくるんでしょうね。

contact_img

見積依頼はこちら

個人のお客様向けサービス

法人のお客様向けサービス

その他サービス

side_jutaku

side_fuyouhin

side_kazai

side_ihin